緑内障5アプローチ改善プログラム 治療

現在の緑内障の治療の基本は、眼圧が房水の循環や排出が悪くなることで眼圧が上がり、視野が欠損を起こすことから、これらを改善して眼圧を下げ、視神経の圧迫を取り除き、視野の欠損の進行を防ぐというものです。

 

緑内障の治療

 

そして、緑内障の治療は大きく分けて点眼薬などの薬物、レーザー、手術などの外科治療の3つです。
現在の薬物治療は、房水で物質が合成・生成されることを抑制、排出を促す作用のある点眼薬によって眼圧をコントロールすることが主流です。

 

 

現在は、比較的良く効く薬も開発されており、どこでも手軽に出来るとういうメリットがありますが、どんなに良く効く薬でも、点眼をやめると眼圧が高くなる為、一生点眼薬を続けなければいけないというデメリットが薬物治療にはあります。

 

 

薬物治療で眼圧が下がらなかった場合には、緑内障の進行を食い止めることが困難になることや、副作用が出て薬物治療の継続が難しい時などは、手術やレーザー治療によって眼圧を下げます。
手術やレーザー治療にもいくつか方法があり、緑内障のタイプや進行度など考慮して適切な治療を行います。

 

 

また、その中の一つに、角膜と水晶体の間に ある薄い膜(虹彩)にレーザーで穴をあけて房水の排出を良くする方法などもありますが、効果が3か月から長くて2年くらいしか続かないことや、穴自体が塞がってしまう事もあります。

 

 

その為、治療後も定期的に眼圧を測定し、点眼薬による眼圧のコントロールしなければいけなくなる場合もあります。

 

 

そして、最も眼圧を下げる確実な方法と言われているのは、繊維柱帯切除手術と言われています。
これは、房水の排出路である繊維柱帯を切除し、新たに排水路を作るというものです。

 

 

ですが、薬物やレーザー治療に比べると入院なども必要になり、患者さんの負担が大きくなります。
以前に比べると安全性もあがり、治療成績も良くなっていると言われていますが、100%完治できるとは言えないのが現状です。

 

 

糖質緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムの詳細を見てみる

 

page top