検査 緑内障5アプローチ改善プログラム 治療

緑内障の検査

緑内障は、閉塞隅角の発作を起こすタイプを除けば、慢性的に進行する病気です。
病気が進行しても自覚症状がほとんどなく、自分で気づいた時にはかなり症状が悪化しているということも多くあります。その為、早期発見・早期治療が重要です。
ここではそんな緑内障の検査についてみていきます。

緑内障の検査記事一覧

緑内障を発見するための基本となるのは眼圧検査です。正常な眼圧は10〜20mmとされており、これより高い時には緑内障を疑います。眼圧検査で用いられる眼圧計には、主に以下のものがあります。●ゴールドマン眼圧計 日常的に眼科の検査で用いられる眼圧計です。患者さんに顎をのせて顔を固定し、光を目に当ててみる顕 微鏡がついている眼圧計で、点眼麻酔をして、一時的に角膜を色素で染め測定します。●空気圧を利用するも...

眼底とは眼球の最も奥の部分です。そして、眼底検査では、眼底にある網膜、視神経、脈絡膜などをみます。特に網膜神経線維層や視神経乳頭などの検査結果は緑内障の診断の判定や治療方針、効果などを決めるのには不可欠です。眼底検査の方法には、直像、倒像、細隙灯顕微鏡などがあり、散瞳薬を点眼し、瞳孔を拡げてから光を当てて眼底を調べます。眼底の網膜は、その働きからカメラのフィルムに例えられ、物を見る上でとても重要な...

page top